マレーシアは90日以内であれば観光ビザ(ビザ取得の手続きは不要)で滞在ができますが、長期滞在を希望される方はMM2Hビザを所得されることをおすすめ致します。

MM2H マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(長期滞在)ビザについて

マレーシアマイセカンドホームプログラムは、一定の基準を満たす外国人の為のマレーシア政府によって推進されたプログラムです。

2021年8月に政府から新しいMM2Hビザの条件が発表されました。新条件のビザの期間は5年間で、更新が可能です。ビザの利点は3ヶ月以上継続して滞在できるので、出入国を心配せず期間内は何回でも出入国ができます。
MM2Hビザは書類を提出してからビザが発行されるまで個人の条件や移民局の都合で大きく差が出る場合があり、3ヶ月から1年ぐらいかかります。

このビザの申請は2009年1月以降、個人申請またはマレーシア・マイセカンドホーム・プログラム(MM2H)の免許を所持する代理店を通して申請するか選択可能となりました。
弊社では、英文の書類や諸手続きを代行させていただき、安心してスムーズにビザ取得ができますようお手伝いしております。

お気軽にお問い合わせ下さい。
ペナン島 ココナッツクラブ

 

MM2H新規申請条件について

2021年8月11日にマレーシア政府からMM2Hビザについての発表がありました。
それまで停止していたMM2Hの新規申請は2021年10月から新条件で開始するとの発表です。

新しいMM2H申請条件

新しく発表された申請条件はこちらをご確認下さい。

以下@27円にて換算

収入条件

*マレーシア国外で月収RM4万(約108万円)以上ある方
従来は月収1万(約27万円)以上財産証明
*RM150万以上( 約4,050万円)の財産がある方
従来は50歳未満がRM50万(約1,350万円)、50歳以上がRM35万(約945万円)以上

マレーシアの銀行での定期預金

*マレーシアでRM100万( 約2,700万円)の銀行預金ができる方
従来は50歳未満がRM30万(約810万円)、50歳以上がRM15万(約405万円)
*不動産購入費、医療費、子供の教育費のためなら50%が引きだせます
*35歳から49歳で申請する方は同伴者1名につき、銀行預金RM50,000(約135万円)追加

滞在日数

*マレーシア国内に90日以上滞在できる方
従来は無し

無犯罪証明

*申請者全員の無犯罪証明が必要

その他

マレーシア在住日数が年間合計90日以上であること
従来は年間滞在日数の条件無し

年齢分類

(1)35歳以上49歳以下
(2)50歳以上
なお、35歳以上49歳以下の申請においては、以下の条件を満たす必要がある。
*申請者本人又は配偶者のマレーシア在住日数が年間合計90日以上であること
*申請者の配偶者及び子供、親、義理の親である被扶養者1人につきRM5万が定期預金額に加算。
ただし、不動産取得、医療、教育目的で最大50パーセントの引き出しが可能。

MM2Hビザ発給期間

MM2H長期ソーシャル・ビジット・パスの期間は5年間で、申請条件を満たす限り5年ごとに延長可能
従来は10年間

移民局へ支払うビザ代金

RM500/1年/1人

移民局へ支払うオンラインシステムサービス向上のための手続き費用

申請者本人 RM5,000 被扶養者はRM2,500/1人

MM2Hの受け入れはマレーシア人口の1%を超えない水準を目標としています。

MM2Hビザ新旧条件比較

新条件従来の条件
収入証明月収RM4万(約108万円)以上月収RM1万(約27万円)以上
資産証明RM150万(約4,050万円)以上50歳未満 RM50万(約1,350万円)以上

50歳以上 RM35万(約945万円)以上

定期預金RM100万(約2,700万円)

※35歳以上49歳以下は被扶養者につきRM5万(135万円)の追加

50歳未満 RM30万(約810万円)

50歳以上 RM15万(約405万円)

年齢35歳以上20歳以上
滞在日数年間90日以上無し
ビザ発給期間5年間10年間
ビザ費用RM500/1年/1人RM90/1年/1人
政府手続き費用申請者 RM5,000/1人

被扶養者 RM2,500/1人

不要

条件が大幅な変更となりました。MM2Hエージェント内でも話し合いがもたれ、政府に改善要望を提出しています。新たな情報が入り次第随時ご案内させて頂きますので、今後の動向をしばらく見守って頂きますようお願い申し上げます。

ココナッツクラブ

弊社ではMM2Hビザの申請、更新、解約のお手伝いをしています。
お気軽にお問い合わせください。

MM2H エージェント

コメントは利用できません。